引越お役立ちガイド

上手な梱包が決め手「お引越しお役立ちガイド」

せっかく引越ししたのに、荷物の中身がこわれてしまった!引越しビギナーにありがちなのが梱包によるトラブル。初めて引越しを経験するひとは一読をお奨めします。

タンス・テーブル類

写真
基本的には、中身が空の状態で輸送いたします。タンスなどの引き出しはすべてカラにしてください。

電器類

写真
冷蔵庫のスイッチは前日に切ってください。

書籍類

写真
本は、たくさんだと以外に重いものです。
要領としては、なるべく小分けにすること。
ミカン箱程度の大きさの段ボールに入れてください。

火気類

写真
ストーブの灯油はカラに。
ポリタンクは二重に袋に入れ、口を閉じてください。

樹木類・植木鉢

写真
前日から水を切ってください。
盆栽は枝に注意して箱に詰めてください。鉢物は箱のそこにクッションを。 鉢がたくさんある場合は、必ずご相談ください。

小物類

写真
小物類はすべてダンボールへ。

食器類

写真
同じ形の皿だからといって、いっぺんに包むことはトラブルの元。
面倒でも、ひとつづつ紙で包みましょう。
詰めた段ボール箱の中で食器が動くのもトラブルの元。
できるだけ隙間を埋めておきましょう。

照明器具

写真
照明器具は、たいてい幾つかのパーツに分離できます。
分離した各パーツごとにエアーキャップ等で包んで箱に入れて下さい。
箱に割れ物表示をしておけば完璧!

衣類

写真
衣装ケースや段ボール箱に詰めて下さい。
和服用ケース・各サイズの箱を用意しています。

ビン

写真
ビンの中身がもれないようにしっかり栓をし、ひとつづつ包み、たてに詰めます。
余分な隙間があると、われる原因になるのであかないようにしましょう。
新聞紙等で隙間を埋めればOK!

置物

写真
置き時計等の壊れやすいものは、エアーキャップ等で包み、段ボールに入れてください。

じゅうたん

写真
小さくたたむか、丸めて紐で縛ってください。

食品

写真
冷凍食品や生ものは運べません。
米びつは空にしてください。

鍋・釜類

写真
適当な大きさの段ボール箱に詰めてください。
他の、荷物とはいっしょにしない方が賢明です。

布団・座布団

写真
布団袋に入れるか、シーツ等大きな布で包んでください。

人形

写真
ガラスケースと人形が接触しないようにします。できるだけ柔らかいモノでスペースを埋めてください。ケースを揺すっても、中の人形が倒れない程度まで詰め込めばOK。ケースの蓋はキッチリと止めること。

東京都中央区,港区,千代田区,練馬区,板橋区,北区,川越,鶴ヶ島,坂戸,東松山でお引越し,オフィスの移転なら引越しのサンタまで!